迷ったら誰に相談する?

前述の「転換期」には迷ったり悩んだりすることが多くあります。

そんな時、誰に相談しますか?パートナー、親、上司や同僚、友達等?

 

まずは私の仕事に復帰するまでのお話はProfileにも書きましたが、20092月に子どもを出産し1年は完全に子ども中心の生活をしておりました。子どもが1歳になった時、長い間探していた築150年の全てが自然素材で出来ており美しい古民家に巡り会いそこを改修して生活の拠点を田舎にうつしてとても充実した日々をすごしておりました。夫がその古民家でコミュニケーション力を鍛える仕事をしておりましたので、彼の手伝いを中心にしておりました。私の場合は子どもが出産したのが37歳で遅かったため、もう1人授かる事は出来ないかもしれないという思いもあり、3歳になるまでは一緒に過ごしたいと決めていましたから、彼の仕事の手伝でしたら子どもと一緒にいながらできるのでちょうど良い働き方でした。

 

しかし、私の運命が大きく変わる一本の電話でマニラ行きを決断するまでの間、いろんな不安が次から次へと浮かび、誰か同じような経験をした人がいないものかとネットサーチをしましたが、同じような結局経験者には会えず自分で考えるしかない状態になりました。問題は大体ごっちゃになって、大きく見えるものなので、何が問題なのか、何が不安なのかを全部紐解きました。すると不安に思えたものに全て解決策が見つかってしまいました。

 

そんなこんなでオファーを頂いてから回答するまで10ヶ月かけましたが、その経験からいえることは、結婚や出産または親の介護など女性の転機にさしかかった時、まずは最低でも1日は自分一人で考える自分の気持ちと向き合う時間をとることをお勧めします。家族や友達に相談するのは自分の気持ちを確認してからでないと、夫や家族の意見に流れる可能性があります。結局最後に決めるのは自分で責任も自分でとる。いくら家族であっても自分の人生には誰も責任を取ってくれません。そして決めたけど結局その決断と違うことになっても良いとおもいます。転換期は色々な事がありまが、その波に呑まれるのではなく、一度自分が納得いく回答を一度出し、そして決めたら振り向かずに進んでいけば必ず道は開けていきます。そもそも経験に勝る財産はありません。